読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スズキコージ+渋さチビズ劇場@つくばカピオホール

スズキコージ+渋さチビズ劇場@つくばカピオホール

ゲスト:川下直広 七尾旅人 

 

f:id:yurayuramonchi:20161117171653j:image

 

つくばロックフェスで配布していたフライヤーを観てとても気になったのと、友達がこのライブのスタッフをやるとのことだったので観てきた。

ゲストの七尾旅人の感想を中心に書きたい。

フライヤーにでかでかと「即興」と書かれていたので、歌ものをしっかりやるというよりは、渋さチビズ、川下直広、七尾旅人のインプロライブか~くらいに考えていた。しかし、七尾旅人のソロタイムがたっぷりと。

多幸感に包まれ過ぎて、帰宅後もしばらくだらりと脱力、ぼんやりとしていた。

 

旅人さんは、観客席に子どもがたくさん居て本当に上機嫌だった。「ガキ」と愛をこめて呼ぶ旅人さん。子どもが旅人さんの歌を真似て歌ったり、エフェクターから出される様々な音に合わせて「シューッ」とか「ウォーッ」とか言っていて、それはそれはとても素晴らしい即興演奏だった。

旅人さんのMCはいつも以上にキレキレだったし、つくばのお客さんは年齢層が幅広くてちびっこからおばあちゃまおじいちゃままで、笑い声がどかーっとカピオホールに響き渡っていた。

最近のライブでは定番となっている「圏内の歌」を久しぶりに聴いて、辺見庸の「瓦礫の中から言葉を」を久しぶりに読み直してみようかと思った。日常は強い。ものすごい強度で、戻ってくる。でも圏内の歌を聴くと、様々なノイズが全て取り払われて、あの日の出来事にそっと身を傾け、叫びだしたくなる。

そして、まさかニューアルバムのタイトルチューン「リトルメロディ」をつくばで聴けるだなんて…新しいアルバムからやったって…とか、他の曲にしようか…とか、すごく悩んでいて冷や冷やしたのだけれど、最終的に演ってくれた。

 

 

大学院からつくばに来て、知らない土地つくばで最初は友達も居なくて、一からスタートで、今は少しずつ馴染んできたけれど、そんな土地で七尾旅人の歌声に触れることが出来て本当に良かった。

七尾旅人さん、つくばに来てくれて本当に有り難う。

 

旅人さんが自分でペインティングした、スーツケース。

 

f:id:yurayuramonchi:20161117171708j:image

 

f:id:yurayuramonchi:20161117171716j:image